PresidentTime NAVI

PresidentTime NAVI

会計インフラの必要性 「会計インフラ」とは、企業内において経理・会計に関するファイルや情報を、すべて電子化し、クラウド上で管理することで共有しやすくする仕組みのことです。複数の人の目で簡単に確認ができるので、正確性が担保されるだけでなく、経営者は経理作業を網羅的に監視できるようになります。 一般のインフラと同じように、会計インフラも導入時には相応の手間とコストを要することになるかもしれません。会計インフラが一度完成してしまえば、経営者は、どこにいてもインターネットにつなげる環境さえあれば、リアルタイムで会社のあらゆる数字にアクセスすることが可能となり、そのデータをもとに自社の経営状況を簡単に判断することができます。 「クラウド会計」と「クラウド経理」 会計インフラを再構築する上で外すことができないのが、「クラウド経理」です。一般的によく知られている「クラウド会計」は、従来の会計ソフトによる会計業務をクラウド上のアプリケーションを使って行うものです。それに対し、「クラウド経理」は、会計ソフトの作業項目だけではなく、請求書の発行、支払いの申請・承認などの一切の経理業務、さらには文書の保存、申請・承認業務などの会社の会計業務に付随的な業務すべてをクラウド上で行うものです。会社を運営する上では、会計業務だけでは会社は成り立ちません。経理がしっかりできてこそ、会社が正常に運営されるものです。中小企業では、この経理業務すべてを社長一人で担っていたり、社長の信頼できる右腕一人に任せていたりします。これでは、社長は経理業務に追われて肝心の営業活動や会社の未来をしっかりと考えることができません。また、信頼できる右腕一人に任せていると、その人が急に退職をした際の引き継ぎや、間違いや不正行為に気がつくことが、とても難しくなります。 会計インフラの構築 クラウド経理を導入するには、まず第一に行わなければならないことは、既存データの移行です。経理作業に会計ソフトを利用していた場合は、基本的にはデジタル化された既存のデータをそのままクラウドのシステム上に取り込めばよいだけです。一方、会計ソフトを利用せず紙の帳簿で経理業務を行なっていた場合は、データをデジタル化する作業が必要になります。いずれの場合においても、最も注意しなければならない点は、「移行するデータの正確性」です。既存の会計データが、会社の実態を正確に反映しているかが重要な点です。データを移行する際には、必ず一度データを見直し、誤っている箇所があれば、正確なデータに直す必要があります。企業会計の考え方には、「財務会計」と「管理会計」の2種類があります。「財務会計」は、株主や銀行、税務署など企業の外部に対して経営状況を報告することを目的として、法律に定められたルールに則って行われるものです。一方、「管理会計」は、経営戦略の策定など企業内部における意思決定の判断材料を得ることを目的として行われるものです。会計インフラを構築する上では、「管理会計」の視点を持って会計データを作成しなければなりません。自社にとって最も理想的といえる会計インフラを構築するためには、企業会計に精通した専門家である、プロの会計専門家(公認会計士や税理士)のサポートを得ることが、一番の得策と言えます。President Timeでは、プロの会計専門家がフルバックアップをした上で、自社の運営形態、経営状況に応じた、会計インフラのデザインと構築をお手伝いいたします。また、独自に開発したクラウド経理システムを利用することで、「社長の時間をつくる」ことができ、経営戦略や営業などにかける時間の捻出、さらには社長にストレスから解放されリフレッシュできる時間を提供することができます。 President Time NAVI 外出先で会社の会計情報が気になった時、経理部や総務部、会計事務所にその都度、電話やメールで問い合わせていませんか? これでは、時間や手間ばかりがかかり、手元の仕事が止まってしまいます。 President Time NAVIには、◯つの情報をiPadの画面操作だけで、すべてを得られます。 ◯ 通帳残高 ◯ 記帳後の通帳情報 ◯ 今月の出勤予定 ◯ 一目でわかる会社の売上・営業利益動向 ◯ 当期累計売上 ◯ 目標利益 ◯ 予測利益/税額 ◯ 会計・経理関係書類 ◯ 給与計算/給与明細 ◯ 請求書 ◯ 経費精算
DEMO : President Time NAVI まずは無料コンサルティングのお申し込みを!
オンラインルーム